2014年08月28日

【今日の花子とアン・20140828】柴犬のテルが連れて行かれ、美里ちゃんは・・・またしても戦争の影がねえ・・・

もう、展開の早さに文句はつけまい。

今日は、昨日から5年後。

1938年(昭和13年)。

この間、ももちゃんはもう一人子供を
産み、美里ちゃんは、ももちゃんと旭
のたっての願いで、花子と英治の養女
となりました。

前年には日中戦争が勃発。

日々の暮らしに戦争の影が・・・。

前作「ごちそうさん」の時も感じました
が、こうして戦争の影響をいろいろな
場面で見ると、改めて嫌なものだと
思いますねえ、戦争は。

さて、今日の放送では、久々に蓮さま
の家族の状況が分かりました。

純平は中学生ですよ、もう。

その純平、蓮さまに「お国のために、
軍人になりたい」と言いますが、蓮さま
は「ダメです」と一蹴。

息子を戦争に行かせたい母親なんて、
いませんよ。

「ごちそうさん」の時の活っちゃんを
思い出してしまった・・・。

ダメです。

ドラマの中盤、スコット先生が久々に
登場したのには驚きましたね。

しかし、戦争の影響もあり、先生の中
にはカナダに帰った人もいると・・・。

今日出なかったブラックバーン校長も
そうなのかなあ。

つらいね。

そして、ドラマの最後、柴犬のテルが
「お国のため」の名の元、連れて行かれ
ます。

美里ちゃんが帰宅すると、テルがいない。

英治は「テルはお仕事に行ったんだ」と
言います。

美里ちゃん、「テルはいつ帰ってくるの?」

答えられませんよ。

もうねえ・・・。

今週後半の放送はちょっとつらいものに
なりますかねえ。

明日の放送は、何年後になるのだろう。

あっという間におばあちゃんになりそう
ですなあ、花子は。

この調子でいくとね。


*早く見たいね、これは。↓

posted by あらやまはじめ at 11:59| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 吉高由里子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




「いいね!」はコチラ!↓

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村